バスケ

第147回『ハトさん、わいはサッカー記事が書きたいんや!』

投稿日:

Pocket
LINEで送る

 

↓すぐ聴く(►ボタンを押してください。)

Play

 

スポンサーリンク


 

 


マツメイラス松田
今日はぼくがブログを書きます



13歳で出会ってから23年ものあいだ。
サッカー界という海が、僕の眼前に広がっています。

27歳で会社に別れを告げて以来。
解説業という空が、僕の頭上には広がっています。

サッカー実況/解説者宣言をしてから間もなく1年、
「マツメイラス松田」という源氏名で活動しております

広報担当(仮)の松田です。

マイクの前で喋ること365日。
僕は気づいたのです。

「マツメイラス松田が成長を遂げるには、文章が必要だ」

・どういう理屈から戦術分析をしているのか
・どういう要素からサッカーを紐解いているか


解説者には裏付けが必要なのです。

・どういう目線でサッカーを見ているか
・どういう観点でサッカーを愛しているか


実況者には愛情が必要なのです

文章は、その両方を証明することに大きな力を発揮してくれる。
そして僕には、作家の大先生という切り札がある。
そうだ、編集をハトさんにお願いしよう。

マツメイラス松田が夜のドライブで作家の中村慎太郎に
本気で記事執筆企画の相談をする今回。

ペンはマイクより強し。
Pen is much stronger than Microphone.
ベンはマイクより強し。
Ben is much stronger than Mike.

特に何も考えずに発言すると、こうなります。
だからこそ、書くのです。

(スベり方を教えてくださる方も随時募集しております)


ハト
……呼ばれた気がする。





【聴き方】
↓の►ボタンを押してください。
Play

-バスケ

Copyright© ハトトカ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.