旅の話 街と不動産

第164回『自己表現としての一人旅に出た19歳のハト 山口後編』

投稿日:

Pocket
LINEで送る

 

↓すぐ聴く(►ボタンを押してください。)

Play


スポンサーリンク



皆さん、こんにちは。
文化祭実行委員長のハト山ハト男です。
いや、ハト山と人に呼ばれるのだけは避けねばなりませぬ。トラストされなくなるからです。

そういえばナショナルトラスト運動という美談が国語の教科書に載っていますが、大人になってから聞くことが全然なくなりました。書き終えたら検索してみようと思います。

ぼくは今、岡山にいます。
そう岡山です、岡山です、岡山岡山岡山です。

予讃線にのって今治までいこうと思っていたのですが、電車が止まってしまったらしいので、福山からバスに乗ろうかと思案中です。

そして、今回のハトトカは、山口県の萩に行った時の思い出Part2です。まさか萩が2部構成になるとは思いませんでした。幕末史を追わなくなって随分と経つのに、身体の中にしみこんでいたようです。

萩の漁港に飛ぶトビを眺めた19歳の秋。
もう戻ってこないし、戻りたいとは思えない、不安定で刺激的だった日々。

あの頃の思い出よ、蘇れ!


メゾン・ド・ハトッカ - BOOTH





【聴き方】
↓の►ボタンを押してください。
Play

-旅の話, 街と不動産

Copyright© ハトトカ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.