第六十九回『文化としてのリフティング(薄口)』


Pocket
LINEで送る

↓すぐ聴く(►ボタンを押してください。)

Play



スポンサーリンク



皆様、こんにちは。
実行委員長の鳩です。

今回も松田スペシャル。
地獄の松田節、三丁目でございます。

松田という名の地獄には地図がありません。整理整頓という概念もありません。

尖っています。ダダイズムであります。

混沌と薄口の先に、真の美しき革命があるのか、それとも何もないのか。どうなんでしょう。

今回は松田お得意のリフティングの話です。さぁ、どうなることでしょうか。

69

【Keywords】
リフティング/ハトトカんにちは/空手家/蹴鞠/レッドブル/フリースタイルフットボール/徳田耕太郎/大迫半端ない/ジーコ/リフティングを極めるとトラップからの動き出しが異様に早い/個人で心と体とボールを見つめ続ける競技

【聴き方】
↓の►ボタンを押してください。
Play






スポンサーリンク