【特別回】郭智博くんが来てくれた。映画「ホペイロの憂鬱」について語ろうとしたら、サッカーを熱く語っちゃったスペシャル 前編


Pocket
LINEで送る

↓すぐ聴く(►ボタンを押してください。)

Play



スポンサーリンク





映画『ホペイロの憂鬱』に出演した俳優の郭智博さんがなんとハトトカに遊びに来てくれました!!

現在、ゴールキーパー冨澤拓海選手のキャリアについて放送している途中ですが、映画の公開中に放送したいこともあって、同時並行させながら公開したいと思います。

来週金曜日は冨澤選手回の後編です。
郭智博さんのゲスト会は、金曜日にはこだわらずに音源ができ次第アップしていきます。


さて……。

郭智博さんが、ハトトカにやってくる!と聞いて、わたくし実行委員長のハトは緊張していました。なんで緊張しているのだろうと考えてみると、サッカー関係者以外のゲストを迎えたことはここのところほとんどなかったからです。

俳優さんと何を話せばいいのだろうか。最近渋谷でタピオカが流行ってるとか、109の社員さんがものすごくゴツい体格をしているとか(実話)。

可能な限りおしゃれで小粋な話題を用意しておきつつ、当日に備えておりました。

しかし、すべては杞憂でした。
郭さんサッカー大好きだったから!!
リヴァプールと相模原の話でひとしきり盛り上がると、昔からのサッカー仲間のようにフランクに話せました。

フランクすぎてお蔵入りになるのではないかという懸念もありましたが、こちらも同じく杞憂に終わりました。


郭智博
Wikipediaをご覧いただければわかると思いますが、数多くのドラマや映画に出演している俳優さんです。

「俳優は器である。そのため、中身は空であることが望ましい。」

それっぽい格言ですが、出展はありません。これまで、ぼくがぼんやりと思ってきたことです。俳優に人間的な魅力など不要なのではないかと考えていたわけです。

これは、煮詰めたな演芸論ではなく素人のぼんやりした感想です。

郭智博さんが演じる森陽介選手は非常に魅力的でした。零細クラブを陰に陽に支える選手で、登場人物の中で一番大人かもしれません。大好きな役柄です。

でも、だからといって、演じてる郭智博さんと同じように親しめるとは限らないわけです。

どんな人か見たことがあるけど、どんな人かわからない。珍しく緊張しました。


で、会ってみて、すぐホッとしたと。

このあたりの感覚は放送を聞いてもらえたらわかると思います。

ただ、郭さんは普通ではないんですよ。あまり目立たないように振る舞い、自然体で、礼儀正しい方でしたが、やはり普通ではない。

たとえば、雑談でゲームについて聞いたときです。

「郭さんゼルダの伝説を今プレーしているみたいですけど、どのへんが面白いですか?」

「風のそよぎとかがとてもいい感じです。こういうゲームは他にないです。」


不思議な人だなぁと感じたわけですが、その感覚は次第に深まっていきました。俳優さんは空の器というのは、ある意味では事実だろうと思います。ぎっしり自分が詰まっている人は、自分以外にはなれず、従って俳優としては幅が狭くなるだろうと思うからです。

しかしながら、本物の俳優を目にすると、中身が空いていることの価値を感じざるをえませんでした。次第に圧倒されていったくらいです。

郭智博さんの中を覗き込むと、深い深い闇があります。闇といってもネガティブな意味ではありません。怖いとか、嫌な感じとかはまったくないのです。目が宝石みたいといって伝わるでしょうか。覗き込むと、引き込まれます。この人の奥には何があるんだろうか……。そう考え始めると、次第に大人しい青年に圧倒され始めます。

この人は何を考えているんだろう。どういう人なんだろう。これから何をしたいのだろう。なんでサッカーが好きなんだろう。どうして松田と仲がいいんだろう。

人間の魅力には、こういうタイプがあるのか!!と、新しい発見をしました。


これまでの出演作を全部見てみたくなりました。時間はかかるかもですが、今年中をめどに見てみようと思います。そして、これからどんな役を演じるのか。どんな役者になっていくのか。どんな人になっていくのか。

気になってしょうがない!!


今まで俳優さんのファンになったことはなかったけど、初めて俳優さんを追いかける気持ちがわかりました。

だいぶ熱く語ってしまいました。

皆さん、是非本編を聞いてください。
不思議な、宝石のような、深い海のような郭智博さんと、ちょっと緊張して噛み噛みのぼくと、大滑りしまくるうるさい関西人が待っていますよ。

よろしくお願いします!!

【Keywords】
下のpodcastのiTunes Summaryにも追加

【聴き方】
↓の►ボタンを押してください。
Play






スポンサーリンク